相続人の調査特定に困っていませんか?手続きの段階でやり直しになってしまわない為の、相続人の調査特定の代行!
相続人について
相続人の範囲
本当にあなた1人?
第1順位の相続人
相続関係説明図とは
戸籍類について
相続に必要な戸籍類は?
戸籍類の疑問解決一覧
除籍謄本とは?
原戸籍とは?
戸籍の附票とは?
戸籍類の集め方
実際の遺産分割の仕方
相続手続きの流れ
未成年者がいる時
行方不明者がいる時
借金が多い時の選択肢
相続放棄手続の仕方
当サイトご利用について
当行政書士事務所概要
代行お申し込みについて
お申し込み前の注意事項
調査代行お申し込みはこちらから
  相続人は本当にあなた1人?

相続人は本当にあなた1人ですか?
最初に、戸籍調査によって相続人を調査特定しておかないと、顔も知らない相続人があとから現れるケースもあります。


例えば、父が亡くなったが、実は秘密にしていた離婚歴があり、他にも子供もいた場合や、昔の恋人との間に誰にも伝えていない認知した子供がいたりするケースがあります。


あなたが絶対にそんなことはないと思っていても、
こういうことは、なかなか言えないことなので、戸籍調査をしてみないとわからないのです。


また、結局、亡くなった方の銀行預金や保険金の相続手続きや、不動産(土地と建物)、自動車、株など有価証券の名義変更をする手続きには、必ず亡くなった方の出生から死亡までの戸籍類 (戸籍謄本、除籍謄本、原戸籍) と、相続人の戸籍謄本 を求められます。


つまり、戸籍類によって、相続人の確認が必ず行われますので、後々のことまで考えれば、最初に戸籍類を確認しておくに越したことはないのです。


そこでまずは、亡くなった方と、その相続人全員の戸籍類を取り寄せし、中身を調査していく必要があります。


これらの戸籍類の調査によって、あなた1人が相続人と確定すればOKです。


それらの戸籍類を、遺産の種類に応じて、申請書と共にそれぞれの機関 ( 預貯金なら銀行やゆうちょ ・ 保険金なら保険会社 ・ 不動産なら法務局 ・ 自動車なら陸運局 ・相続放棄なら家庭裁判所 ) へ提出すれば、それらの相続手続きを完了できることになります。


ここで1つ注意しないといけないのが、遺言状がある場合です。その遺言状で認知した子供が記載されていれば、その子も相続人となります。


ただし、相続人といっても、非嫡出子 (婚姻中以外にできた子供) なので嫡出子 (婚姻中にできた子供) の半分の相続権 (法定相続持分) となります。


相続人を特定するには、戸籍類を確認しないとダメなんです!
戸籍類を最初に確認するというこの順番を間違えると、
相続手続きの段階で、すべて最初からやり直しに・・・
詳細は 相続人トップで!


ページ 内 容 一 覧

相続人の範囲本当にあなた1人?第1順位の相続人相続関係説明図とは


相続に必要な戸籍類は?戸籍類の疑問解決一覧除籍謄本とは?原戸籍とは?戸籍の附票とは?戸籍類の集め方


相続手続きの流れ未成年者がいる時行方不明者がいる時借金が多い時の選択肢相続放棄手続の仕方


お申し込み前の注意事項
郵便振替によるお支払方法銀行振込によるお支払方法イーバンク銀行によるお支払方法
全国対応!相続人の調査特定のラクラク代行 お申し込みは今すぐこちらから