相続人の調査特定に困っていませんか?手続きの段階でやり直しになってしまわない為の、相続人の調査特定の代行!
相続人について
相続人の範囲
本当にあなた1人?
第1順位の相続人
相続関係説明図とは
戸籍類について
相続に必要な戸籍類は?
戸籍類の疑問解決一覧
除籍謄本とは?
原戸籍とは?
戸籍の附票とは?
戸籍類の集め方
実際の遺産分割の仕方
相続手続きの流れ
未成年者がいる時
行方不明者がいる時
借金が多い時の選択肢
相続放棄手続の仕方
当サイトご利用について
当行政書士事務所概要
代行お申し込みについて
お申し込み前の注意事項
調査代行お申し込みはこちらから
  第1順位の相続人の相続分
このページでは、被相続人に子供が存在する相続について見て行きます。
全体的なことなのですが、配偶者がいるのかいないのかによっても相続分が違ってきますので、以下、配偶者が存在する時と存在しない時に分けて、それぞれ例も挙げて第1順位の相続人の相続分を説明します。
子供が存在する時の相続人の相続分
配偶者が存在する時・・・配偶者の相続分は1/2、子供の相続分は1/2で、 子供が複数いる時には、1/2をさらに均等で割ります。
(配偶者と子供が相続人の例)
被相続人に配偶者が存在していて、子供が長男、二男、長女の3人いる時の相続分は、配偶者が3/6、長男1/6、二男1/6、長女1/6となります。子供が何人いても均等割りします。
(配偶者と実子と養子が相続人の例)
被相続人に配偶者が存在していて、実子が長男と長女の2人、養子として長男の嫁1人がいる時の相続分は、配偶者が3/6、長男1/6、長女1/6、養子(長男の嫁)1/6となります。養子は、法的に血縁があるのと同じで、実子と扱いが同じになるからです。実子、養子が何人いても均等割りします。
(配偶者と子供3人いるが、相続放棄した子供がいる時の相続分の例)
被相続人に配偶者が存在していて、長男と長女と二女の3人の子供がいるが、長男が正式な相続放棄の手続きをしている時の相続分は、配偶者が2/4、長男なし、長女1/4、二女1/4となります。
相続放棄をした人は、初めから相続人とならなかったものとみなされるからです。さらに、相続放棄をした人の子供は代襲相続をすることができなくなります。つまり、長男の子供が代わりに相続することはできません。代襲相続については、このページの下の方で説明しています。
配偶者が存在しない時・・・被相続人の子供が全部相続します。 子供が複数いる時には、均等で割ります。
(子供だけが相続人の例)
被相続人に、子供が長男、二男、長女、二女の4人いる時の相続分は、長男1/4、二男1/4、長女1/4、二女1/4となります。
(実子と養子と胎児が相続人の例)
被相続人に、実子が長男と二男と長女、養子として長男の子供(被相続人から見て孫)、胎児が1人いる時の相続分は、長男1/5、二男1/5、長女1/5、養子(長男の子供)1/5、胎児1/5となります。
胎児はすでに生まれたものとみなされますので、相続分があります。ただし、その胎児が死産のときには、最初から相続人ではなかったことになりますので、相続分は長男1/4、二男1/4、長女1/4、養子(長男の子供)1/4となります.。
子供の内、先に死亡している子供が存在する時は、先に死亡している子供に子(被相続人から見れば孫)がいれば、子が相続します。孫が何人いても、子供の相続分をさらに均等割りします。この相続のことを、代襲相続と呼びます。
(配偶者と子供が相続人で、代襲相続の例)
被相続人には配偶者がいて、子供が長男、二男、長女、二女の4人いるが、長男が先に死亡していて、長男には子Xと子Yが2人いる時のそれぞれの相続分は、配偶者8/16、長男の子X1/16、長男の子Y1/16、二男2/16、長女2/16、二女2/16となります。
(子供だけが相続人で、代襲相続の例)
被相続人に、子供が長男、二男、長女、二女の4人いるが、長男が先に死亡していて、長男には子Xと子Yが2人いる時のそれぞれの相続分は、長男の子X1/8、長男の子Y1/8、二男2/8、長女2/8、二女2/8となります。
(孫だけが相続人で、代襲相続の例)
被相続人に、子供が長男1人いるが、長男が先に死亡していて、長男には子Z(被相続人から見て孫)がいる時の相続分は、長男の子Z(孫)が全部となります。
上の代襲相続とは少し違って、被相続人が死亡した後で死亡している子供が存在する時は、後で死亡した子供に配偶者や子(被相続人から見れば孫)がいれば、配偶者と子が均等に相続します。孫が何人いても、子供の相続分をさらに均等割りします。この相続のことを、数次相続と呼びます。
(配偶者と子供が相続人で、数次相続の例)
被相続人に配偶者がいて、子供が長男、二男、長女、二女の4人いるが、被相続人が死亡した後で、長男が死亡してしまい、長男には妻Zと子Xと子Yが2人いる時のそれぞれの相続分は、配偶者16/32、長男の妻Z2/32、長男の子X1/32、長男の子Y1/32、二男4/32、長女4/32、二女4/32となります。
(子供だけが相続人で、数次相続の例)
被相続人に、子供が長男、二男、長女、二女の4人いるが、被相続人が死亡した後で、長男が死亡してしまい、長男には妻Zと子Xと子Yが2人いる時のそれぞれの相続分は、長男の妻Z2/16、長男の子X1/16、長男の子Y1/16、二男4/16、長女4/16、二女4/16となります。

相続人を特定するには、戸籍類を確認しないとダメなんです!
戸籍類を最初に確認するというこの順番を間違えると、
相続手続きの段階で、すべて最初からやり直しに・・・
詳細は 相続人トップで!


ページ 内 容 一 覧

相続人の範囲本当にあなた1人?第1順位の相続人相続関係説明図とは


相続に必要な戸籍類は?戸籍類の疑問解決一覧除籍謄本とは?原戸籍とは?戸籍の附票とは?戸籍類の集め方


相続手続きの流れ未成年者がいる時行方不明者がいる時借金が多い時の選択肢相続放棄手続の仕方


お申し込み前の注意事項
郵便振替によるお支払方法銀行振込によるお支払方法イーバンク銀行によるお支払方法
全国対応!相続人の調査特定のラクラク代行 お申し込みは今すぐこちらから